CONTENT

人材採用ナビ

TOP  /  人材採用ナビ  /  担当者必見!求人掲載のコツを上手くいかない原因と併せて解説

担当者必見!求人掲載のコツを上手くいかない原因と併せて解説

「求人掲載を行ったのに応募が集まらない」と悩んでいませんか。応募が集まらない理由は、求職者が求める情報を提示できていないからかもしれません。いくつかのコツを押さえて求人情報を作成すれば、求職者の心に響きやすくなります。求人掲載あるいは求人情報作成のコツを紹介するので、応募数を増やしたい方や優秀な人材を確保したい方は参考にしてください。

求人掲載が上手くいかない原因

求人掲載をしても思うように応募を集められないときは、何かしらの原因があると考えられます。よくある原因として挙げられるのが以下の3つです。

●十分な求人情報を提供できていない
●競合他社に競り負けている
●掲載媒体と自社業界にミスマッチが生じている

自社・他社・掲載媒体に分けて、考えられる原因を紹介します。

十分な求人情報を提供できていない

求職者が求める求人情報を提供できていないと応募は集まりにくくなります。求職者の多くが、就職や転職にはリスクが付きまとうと考えているからです。具体的には、就職・転職後の環境が想像とは異なることを警戒している求職者が多いといえます。

就職・転職のリスクを抑えるため、求職者は求人情報をしっかりと確認する傾向があります。求職者が求める求人情報を提供できていないと、興味を持ってもらっても詳細がわからないなどの理由で見送られてしまいます。応募を集めたい場合は、求人情報を詳しく掲載しなければなりません。

競合他社に競り負けている

よく似た人材を求めている競合他社に条件面などで競り負けている場合も、応募は集まりにくくなります。求職者の多くは、少しでも良い条件の企業に就職したいと考えているからです。特に中途採用はこの傾向が強くなります。業界・職種・勤務地が似ている求人は、基本的に比較されると考えるほうがよいでしょう。競合他社の動向を確認しつつ、求人掲載を行う必要があります。

掲載媒体と自社業界にミスマッチが生じている

求人掲載を行っている媒体と自社の業界にミスマッチが生じている場合も、応募は集まりにくくなります。ターゲットに求人情報を届けられないからです。近年になって、求人情報媒体は多様化・専門化しており、○○業界に特化した求人情報媒体などが登場しています。各求人情報媒体の特徴を把握してから選択する必要があります。

求人掲載にて優秀な人材を確保するためのコツ

求人掲載で優秀な人材を確保したい場合、いくつかのコツを意識するとよいでしょう。続いて、簡単に取り組める求人掲載のコツを紹介します。

ターゲットを明確にする

最初に、自社で働いてほしいターゲットを明確にします。ターゲットを明確にしておかないと、優秀な人材との接点を見つけられないうえ、最適なアピール方法もわからないからです。ターゲットは以下の手順で明確にします。

1. 担ってほしいポジションを明確にする
2. 必要なスキルセットを整理する
3. 自社で提示できる待遇面(給与)を整理する
4. 2と3にミスマッチがないか整理する
5. 業界平均や地域平均とミスマッチがない待遇(給与)か整理する

以上の手順で、採用条件を満たし、自社の求人に興味をもってくれるターゲットを見つけます。

職場の雰囲気をわかりやすく伝える

求人情報で職場の雰囲気を伝えることも、優秀な人材を確保するコツです。求職者の多くは、職場の雰囲気を知りたいと考えています。「働きづらい職場だったらどうしよう」などの不安を抱えていることが多い為、求人情報で職場の雰囲気やスタッフの様子などを伝えることにより、就職や転職にまつわる不安を解消できます。ポイントは求職者が働いている姿を具体的にイメージできるように、職場の雰囲気を伝えることです。ここで働けば良い仲間と出会える、ここで働けば成長できるなどのイメージを抱かせることで、応募のハードルを下げられます。

競合他社との差別化を意識する

優秀な人材を確保するため、競合他社との差別化も欠かせません。売り手市場になりつつあるうえ、業界・職種・勤務地が似ている求人情報は基本的に比較されると考えて良いでしょう。求職者の主な比較ポイントは以下の5つです。

●給与(年収・月収・日給・時給)
●仕事内容
●年間休日
●時間(勤務時間・残業時間)
●福利厚生
●勤務地

基本的には、以上の中から自社の強みを見出して競合他社と差別化します。

差別化が難しいときはアピールポイントを工夫する

残念ながら5つの比較ポイント(年収・仕事内容・年間休日・福利厚生・勤務地)は簡単に変更できません。競合他社よりも労働条件面で劣るときは、求人情報の書き方を工夫してアピールポイントをずらします。例えば、入社時点での年収が劣るときは5年後、10年後のモデル年収を提示する、他社よりも研修制度が充実しているのであれば業界初心者に向けた情報を充実させるなどが考えられます。条件面で劣る場合も、自社で働くメリットに焦点を当てれば競合他社との差別化は可能です。

ターゲットの心に響くキャッチコピーを考案する

求人情報に掲載するキャッチコピーも慎重に考えなければなりません。いい加減に作ると、応募数が少ない、希望する人材が見つからないなどの結果につながるからです。キャッチコピーを考案する基本的な流れは以下の通りです。

1.ターゲットを明確にする
2.ターゲットが求めている情報を整理する
3.自社の強みを整理する
4.2と3をもとに効果的なアピール方法を考える
5.ターゲットの心に響くキャッチコピーを制作する
※ 5については競合他社の求人情報を比較・参考することも重要です。

求人掲載のキャッチコピーで最も重要な点は、ターゲットが知りたい情報をわかりやすく伝えることです。基本的に、凝った言い回しにする必要はありません。

求人掲載のプロに頼む

優秀な人材を確保するにはそれなりの準備と知識が必要です。日々の業務で採用活動に時間を割けない、効果的な求人情報を作成できそうにないなどの悩みを抱えている方は、求人掲載のプロに依頼することもできます。求人掲載のプロは、求人情報の管理から最適な掲載媒体の選択、求人情報の掲載代行、求人情報作成のアドバイスなどを行ってくれます。採用活動の負担を減らしたい場合や精度を高めたい場合は、利用を検討するとよいでしょう。

Web求人媒体を積極的に活用する

優秀な人材を確保したい方は、積極的にWeb求人媒体を活用しましょう。インターネットやスマートフォンの普及で、Web求人媒体を使って求人情報を検索することが当たり前になっているからです。需要の高まりとともに、Web求人媒体は細分化される傾向があります。Web求人媒体は、大きく以下の種類に分かれます。

【切り口:求人情報】
●総合型:あらゆる求人情報を取り扱う。
●特化型:特定の業界・職種・地域の求人情報を扱う。

【切り口:雇用形態】
●正社員・契約社員型:正社員と契約社員の求人情報が中心。
●アルバイト・パート型:アルバイト・パートの求人情報が中心。
●派遣社員型:派遣社員の求人情報が中心。

自社に合っているWeb求人媒体を選択する必要があります。

Web求人媒体へ掲載する基本的な流れは以下の通りです。

1. 問い合わせ
2. 打ち合わせと見積もり
3. 申し込み
4. 取材・写真撮影・原稿制作
5. 求人情報掲載

Web求人媒体の活用も検討しましょう。

求人掲載のコツを理解して優秀な人材を確保

求人掲載を行ったのに思うように応募が集まらないときは、求人情報を見直す必要があります。求職者が必要としている情報が不足している、競合他社と差別化できていないなどが考えられますので、求人情報を修正するとよいでしょう。ターゲットを明確にして、自社の強み、働くメリットなどを伝えることができれば、応募が増えるはずです。紹介したコツを参考に、求人掲載を行ってみてはいかがでしょうか。

💻【0円で利用!】FREE JOB無料プラン登録はこちらから

POPULAR POSTS

人気の記事

CATEGORY

カテゴリ一覧

TAGS

タグ一覧

CONTACT

お申し込みはこちらから