CONTENT

人材採用ナビ

TOP  /  人材採用ナビ  /  採用代行サービスの概要と知っておきたい利用のメリット・デメリット

採用代行サービスの概要と知っておきたい利用のメリット・デメリット

採用代行サービスには、手間を抑えながら優秀な人材を確保できる可能性があるなどのメリットがあります。従来よりも効率よく採用活動を行えるからです。採用代行サービスとは、どのようなサービスなのでしょうか。概要とメリット・デメリットなどを紹介します。採用活動にお悩みの方や採用代行サービスに興味がある方は、参考にしてください。

採用代行サービスの特徴とは

採用代行サービスは、採用に関係する業務を依頼主に代わり行う人材サービスです。RPO(Recruitment Process Outsourcing)と呼ばれることもあります。

では、採用代行サービスは、どのような業務を代行してくれるのでしょうか。主な採用業務として以下のものが挙げられます。

●採用計画の立案
●会社説明会の実施
●応募者の管理
●選考試験
●採用者の決定

採用代行サービスの業務内容はケースで異なります。例えば「採用計画の立案から応募者の管理まで」のように採用業務の一部のみを代行するケースや、「採用計画の立案から採用者の決定まで」のように採用業務の全部を代行するケースなどがあります。また採用業務を代行してもらうのではなく、専門家から採用業務の支援を受けるケースもあります。例えば採用活動に必要なWebサイトを制作してもらう、採用担当者の教育・研修を行ってもらうなどのケースが考えられます。採用代行サービスの業務内容は幅広いといえるでしょう。

採用代行サービスが多くの人から注目されている背景

採用代行サービスは、多くの企業から注目を集める人材サービスとなっています。注目を集めている理由は、専門的な知識がないと優秀な人材を確保することが難しくなっているからです。採用代行サービスが注目を集めている理由を、詳しく見ていきましょう。

従来の採用活動では人材を確保しづらくなっている

採用代行サービスが注目を集めている理由として以下の2点が挙げられます。

●人手不足の深刻化
●求める人材の多様化

まずは人手不足の深刻化から解説します。現在の日本は、少子高齢化の進行と生産年齢人口の減少により人手不足が続いています。多くの業界で人手不足が続いているため、採用市場での競争が激しくなっています。厳しい環境のなか優秀な人材を確保するため、採用のプロである採用代行サービスへの注目が集まっているのです。

求める人材の多様化も、採用代行サービスが注目を集める理由となっています。IT技術の発展などにより、各業界の仕事は高度化・専門化している傾向があります。このような状況で優秀な人材を確保するには、採用活動を行うスタッフにも専門知識などが求められます。しかし、多くの企業では採用活動を行うスタッフが不足しています。その為、専門家に採用活動全般を委託できる採用代行サービスが注目を集めているのです。

採用活動が長期化している

採用活動が長期化していることも、採用代行サービスが注目を集めている理由として挙げられます。採用活動が長期化している理由は、売り手市場が続いているからといえるでしょう。優秀な人材が複数の企業から内定を獲得し、就職しない企業の内定を辞退するケースが増えています。内定を辞退された企業は、採用活動を継続しなければなりません。採用活動が予定よりも長期化すると、採用担当者の負担は増えてしまいます。採用担当者の負担を減らすため、採用代行サービスが注目を集めているのです。

採用代行サービスを活用するメリット

採用代行サービスを活用するメリットは、コストを削減しつつ優秀な人材を確保できることといえるでしょう。具体的なメリットについて詳しく解説します。

求める人材を確保しやすくなる

採用代行サービスを利用する最も大きなメリットは、求める人材を確保しやすくなることです。採用活動のプロが、専門知識と豊富な経験を活かして採用活動を行ってくれるため優秀な人材を確保しやすくなります。専任の採用担当者を確保しづらい企業や採用活動に十分な時間と労力を割けない企業にとっては、利用する価値のあるサービスといえるでしょう。

採用活動で重要な業務に集中できる

採用代行サービスを利用することで、重要な業務に集中しやすくなります。採用活動における重要な業務とは、自社が行ったほうがよい業務です。自社に合っている人材を見極める面接、内定者と良好な関係を構築するフォローなどが該当します。重要な業務に集中できる理由は、採用代行サービスがその他の業務を行ってくれるからです。自社が行うべき業務に時間と労力を集中できるため、採用活動の質を高められます。

採用業務に関するコストを削減できる

採用代行サービスを利用することで、採用業務に関するコストを削減できる可能性があります。プロの分析結果をもとに、就職サイトや転職サイトなどの運用を見直せるからです。また、採用業務を委託するため、人件費の節約にもつながります。トータルで考えると、コストを削減できるケースが少なくありません。

新入社員研修・教育まで任せられる

採用代行サービスを選べば、採用活動だけでなく新入社員研修や新入社員教育まで任せられることがあります。社内に研修や教育のノウハウがない中小企業などは、利用するメリットが大きいといえるでしょう。自社で採用活動を行うよりも、優秀な人材を確保できる可能性は高まります。

採用代行サービスを活用するデメリット

採用代行サービスの活用には、デメリットもあります。採用企業、内定者に影響が及ぶため、活用前に以下の点を確認しておきましょう。

採用担当者のスキル向上につながらない

活用にあたり理解しておきたいのが、採用活動を経ても担当者のスキルが向上しづらいことと、社内にノウハウが残りづらいことです。採用活動全般を依頼すると、この傾向が強くなります。成長につながらない理由は、実務を採用代行サービスのスタッフが行うからです。担当者のスキルが向上せず、社内にノウハウが蓄積しないと、毎年のように採用代行サービスを利用することになるかもしれません。心配な場合は、採用活動の一部分だけ任せる、代行ではなく支援にとどめるなどを検討するとよいでしょう。

認識のずれで求める人材を確保できない

採用代行サービスの担当者と十分なコミュニケーションをとれないと、求める人材を確保できない恐れがあります。自社と採用代行サービスの間で、求める人物像にずれが生じてしまうからです。採用代行サービスを活用するときは、任せっぱなしにせず自社の希望をしっかりと伝えなくてはなりません。ヒアリングをしっかりと行ってくれる採用代行サービスを選ぶと安心です。

内定者を不安にさせてしまいかねない

採用業務全般を採用代行サービスに任せると、内定者を不安にさせてしまうことがあります。信頼できる先輩を見つけられない、社内の雰囲気がわからないなどの想いを抱かせてしまうからです。内定者の不安が大きくなると、内定辞退につながるかもしれません。内定者と関係を築きやすい会社説明会や面接、内定後のフォローなどは、できるだけ自社の担当者が行いましょう。

採用代行サービスのメリット・デメリットを理解

採用に関係する業務を代わりに行ってくれるサービスを採用代行サービスといいます。人材確保の競争が激しくなっていることなどを受けて、多くの企業から注目を集めつつあります。採用代行サービスには、求める人材を確保しやすいなどのメリットと採用担当者のスキル向上につながりにくいなどのデメリットがあります。自社のとの相性を考えて利用することが重要です。本ページの内容を参考に、採用代行サービスの必要性を検討してみてはいかがでしょうか。

💻【0円で利用!】FREE JOB無料プラン登録はこちらから

POPULAR POSTS

人気の記事

CATEGORY

カテゴリ一覧

TAGS

タグ一覧

CONTACT

お申し込みはこちらから