人材採用ナビ

人材採用から人材管理・育成まで人材に関するコラムを掲載しています。

  1. HOME
  2. 人材採用ナビ
  3. 人事労務・人事戦略
  4. 即戦力人材は面接で見極められる?確認すべきポイントを紹介します

即戦力人材は面接で見極められる?確認すべきポイントを紹介します

多くの企業で人材不足が大きな課題となっているなか、中途採用で即戦力になる人材を獲得したい企業も多いはずです。しかし、面接の段階でどのように相手を見極めればいいのでしょうか。そこで今回は、面接で即戦力人材を見極めるポイントを解説します。

企業が求める即戦力の意味


企業の人材採用で求められる即戦力とは、入社後すぐに活躍できる人材のことです。即戦力となる人材はこれまで培ってきた経験や知識を活かして、競合他社と渡り合える生産能力を持っています。

経験や能力によっては、入社後すぐに課長や部長、リーダーなど責任あるポジションを任せられる場合もあります。人材不足が課題となっている企業が多い時代だからこそ、即戦力となる人材を求める企業は少なくありません。

即戦力人材が求められる理由


企業が即戦力となる人材を求めるのは、終身雇用の崩壊や労働者人口の減少が理由になっています。従来は定年まで同じ会社で働き続けるのが主流だったため、時間や労力をかけて人材教育を行っていました。

しかし、終身雇用が難しくなりつつある昨今は、新人教育に時間や労力をかける余裕がない企業も少なくありません。人材を一から育てるより、研修をしなくても成果を生み出せる人材を企業は求めていることが多いです。

面接で即戦力人材を見極めるポイント


人材採用の面談では、即戦力として活躍できる人材であるか見極める必要があります。面談で即戦力の人材を見極めるポイントは、以下のとおりです。

  • 実用的な資格を保有している
  • 能動的に仕事を進めていける
  • 仕事に対する明確な将来像がある
  • 専門知識や実務経験が豊富である
  • コミュニケーションスキルが高い
  • 前職のやり方に固執していない
  • 会社の理念や社風を理解している
  • 相手の立場に立って行動できる

面接の限られた時間でも即戦力となる人材であるかを見極めることは可能です。ここで紹介したポイントを踏まえて面接に挑みましょう。

1.実用的な資格を保有している

即戦力人材を見極めるポイントは、職場ですぐに活かせる資格を保有しているかです。実用的な資格がない場合は、採用しても即戦力として活躍できない可能性があります。

資格保有者は、資格を保有できるほどの知識がある証拠です。入社した段階ですでに知識がある状態なので、研修を行わなくてもすぐに現場で仕事ができます。人材を育てる必要がないといった観点でも企業にとって採用するメリットがあるでしょう。

2.能動的に仕事を進めていける

即戦力となる人材は、周囲とコミュニケーションをとりながら自発的に仕事を進めていける特徴があります。目の前の課題改善や目標達成に向けて自分で考えて行動できるほか、突発的に起こったトラブルにも対応できる柔軟性を持ち合わせています。

即戦力人材は、会社が期待する以上の役割を全うしようとするマインドの持ち主です。面接では、応募者の性格や職歴から自発的に行動できる人材かどうか見極めましょう。

3.仕事に対する明確な将来像がある

即戦力人材は、仕事に対して明確な将来像を持っている特徴があります。例えば、「入社何年目までに役職に就きたい」「何歳までにスキルを身につけたい」など、思い描く将来像に近づくために細かい将来設計を考えている人も少なくありません

明確な将来像が自分のなかにあるからこそ、目標に向かって努力できます。面接では、自分のキャリアデザインをどのように考えているのか質問するのがいいでしょう。スムーズに答えられる人材は、即戦力として活躍できる可能性があります。

4.専門知識や実務経験が豊富である

職場ですぐに活躍してもらうには、特定分野における専門知識や実務経験が必要です。たとえ自発的に行動できたり明確な将来像を持っていたりしても、専門知識や実務経験がなければ採用しても職場で即戦力として活躍するのは難しいでしょう。

即戦力人材を採用するには、同業種の実務経験歴や専門的な知識を持っているか確認することが大切です。もし前職で経験や知識を活かして成果を出した実績があるなら、採用すれば自社でも活躍してくれる可能性が高いでしょう。

5.コミュニケーションスキルが高い

周りの社員とコミュニケーションをとりながら仕事ができる人材は、即戦力として活躍してくれる可能性があります。仕事は、決して一人で完結できるものではありません。周りの協力あってこそ成り立つものです。

面接では、コミュニケーション能力を持っているか確認しましょう。コミュニケーション能力を確認するポイントは、説明力や表現力、傾聴力、質問力、交渉力があるかを基準にするのがいいでしょう。

6.前職のやり方に固執していない

豊富な実務経験や専門的な知識を持つ人材でも、前職のやり方に固執する人は周りとうまくコミュニケーションがとれず孤立する可能性があります。場合によっては職場に居づらくなって早期退職に繫がるおそれもあります。

面接では、前職の業務やプロジェクトの進め方を聞いて自社の方針と差がないか確認しましょう。やり方に差がある場合は、自社の方針や仕事の進め方を伝えて理解や共感を持ってくれるかどうか確認することが必要です。また、面接では前職とやり方が異なる環境でも柔軟に対応できるかどうか判断するための質問も織り交ぜて総合的に判断しましょう。

7.会社の理念や社風を理解している

面接では、会社の理念や社風を理解しているかどうか確認しましょう。即戦力のある人材でも、会社の理念や社風に疑問を持っている人は途中で仕事を続けるのが苦になり、その後退職する可能性があります。

場合によっては、顧客や取引先に誤解を与えてしまい関係性が悪くなってしまうおそれもあります。このようなリスクを防ぐためにも面接時には、会社の理念や社風を正しく理解しているかどうか確認することが大切です。

8.相手の立場に立って行動できる

即戦力のある人材は、将来的に責任あるポジションを任せられる可能性もあります。即戦力となる人材に必要な行動力や自発性が備わっていても、相手の立場になって行動できない人は社員をまとめる責任者として活躍するのは難しいでしょう。

仕事で成果を生み出す能力があることは大事ですが、相手の立場になって行動できる人間力に欠けていると周囲の協力は得られません。

面接では人間力があるかどうか確認しましょう。例えば、利己的な考え方を持っていたり逆境を乗り越えた経験があったりする人は人間力が高い傾向にあります。

即戦力人材を獲得するコツ


労働人口が減少するなか、即戦力となる人材は市場価値が高くなるため採用の難易度も高くなるしょう。即戦力人材を獲得するコツには、次のようなものがあります。

  • 求める人物像を明確にする
  • 能力を発揮できる環境を作る
  • 採用後のフォロー体制を整える
  • 派遣社員の雇用を検討する

採用活動を本格的に始める前に自社で即戦力を迎え入れる準備を行えば、優秀な人材の応募が増える可能性もあります。また、採用方法や求人票の書き方でも即戦力人材の採用率は変わってくるため、ここで紹介するコツを踏まえて準備を進めましょう。

1.求める人物像を明確にする

求人活動を行う際は、採用したい人物像を明確にすることが大切です。人事担当者と配属予定の部署で求める人物像が異なると、たとえ即戦力を採用できても入社後にうまくいかないことがあります。

人事担当者は、現場で求める人物像を確認したうえで採用する人物像を決めましょう。しかし、即戦力に求める期待感が過度にならないように、現実的な人物像に落とし込むことが大切です。

求める人物像が明確になったら、即戦力として活躍してくれる人材であるか判断するための質問事項をまとめましょう。このように前準備を行っておくだけで、即戦力として活躍してくれる人材を見つけやすくなります。

2.能力を発揮できる環境を作る

即戦力となる人材を採用できたとしても配属先で能力を発揮できる環境がなければ、働きづらさを感じて早期退職に繫がる可能性もあります。例えば、即戦力人材の仕事への意欲を維持できるようにベースアップの仕組みを設ける方法も有効です。

また、既存社員の転職者を歓迎して受け入れる姿勢も大切です。既存社員から歓迎されていることが分かれば、即戦力人材も期待に応えるために意欲的に仕事に取り組んでくれます。職場で能力を発揮できる環境を整えてあげることで定着率も向上するでしょう。

3.採用後のフォロー体制を整える

即戦力として活躍できる人材であっても、新しい職場環境に慣れるのはある程度時間が必要です。また、「即戦力として採用されたから大丈夫だろう」と考えて仕事を丸投げしたり、仕事を指示したまま放置したりするのは良くありません。

周囲との摩擦を感じてストレスが溜まり、本来の力を発揮できない可能性があります。即戦力人材でもすぐに能力を発揮するのは難しいため、慣れるまではフォローしてあげることが大切です。早期退職の抑止力にもなるため、離職率の改善の効果も見込めるでしょう。

4.派遣社員の雇用を検討する

即戦力になる人材は競争率が高いため、なかなか採用に至らないこともあります。ただ求人活動には多額の費用と時間がかかるため、早期に人材を採用したいと考える企業も多いでしょう。このような場合は、派遣社員の雇用も検討が必要です。

派遣社員は業務を行ううえでの基本的なスキルや知識、経験が備わっているため、能力を発揮できる環境を整えれば活躍してくれる可能性があります。ただし、職場で雇用形態に関する軋轢を生まないように環境を整える必要があるでしょう。

面接方法を見直して即戦力人材を獲得しよう!


労働人口の減少が進む日本では、即戦力となる人材の採用が激化しています。多額の費用と時間をかけて材用活動を続けても、企業が求める人材が見つからない場合もあるでしょう。

このような場合は、能力を発揮できる環境を整えたり求める人物像を明確にしたりするなど、事前準備から見直す必要があるかもしれません。また、ここで紹介した面接での見極めポイントを参考にして、活躍が期待できる即戦力人材を見つけましょう。