CONTENT

採用お役立ち情報

TOP  /  採用お役立ち情報  /  求人広告で重要な写真の選び方

求人広告で重要な写真の選び方

求人広告で重要な写真の選び方

求人広告を掲載する際、写真はその会社のイメージを伝える重要な要素のひとつです。他社の求人に埋もれてしまうことなく「選ばれる求人」に仕上げるためにはどうしたらよいのでしょうか。求人広告の写真を選ぶ際のポイントについて、詳しく解説していきます。

そもそも求人広告に写真は必要?

インターネットが普及した現代では、企業の求人もWEB媒体を活用する方法が主流となっています。その最大の魅力は、紙媒体やハローワーク、人材紹介などを活用した場合と比べて、圧倒的に多くの人に見てもらうことができるということ。また、年代や経験、職種、募集地域、雇用形態など企業側が欲しい人材と求職者とのミスマッチを防ぐこともできるため、効率的に採用活動を進めていくことができるのも魅力のひとつでしょう。

その一方で、WEB媒体には同時に膨大な数の求人が掲載されてしまうため、他企業の求人に埋もれてしまわないように掲載時の工夫は欠かせません。そこで使える工夫のひとつが「写真」というわけです。

求人広告に写真を掲載することによって、文字だけでは知ることができない情報を視覚的に理解することができるため、求職者の安心感につながります。実際に、写真を掲載するかどうか、魅力的な写真かどうかによって、その求人の閲覧数や応募数は変化するわけですから、求人広告に写真は「必須」だといえるでしょう。さらに、写真に魅力的なキャッチコピーをプラスすることで、効率的に応募効果を高めいくことができるはずです。

求人広告の写真を選ぶときのポイント

では、実際に求人広告の写真を選ぶ際にはどのような点に気を付けたらよいのでしょうか。まず、大切なのは、「掲載する写真を通して求職者に何を伝えたいのか」を明確にしておくということ。そのコンセプトを意識した上で、効果的な写真を選んでいきましょう。また、膨大な数の求人広告の中から閲覧してもらうためには、以下のポイントを意識して求職者の目に留まる写真を掲載することも大切です。

複数の人物が写っているもの

一人だけにフォーカスした写真では、就業風景がイメージしにくいこともあります。イメージを的確に伝えるには複数の人物が写っている写真を選ぶとよいでしょう。

明るい写真、色味の華やかな写真

オフィス内の写真を撮影するときには、明るさにも気を配る必要があります。薄暗く寒々しい写真では、求職者に「この会社で働きたい!」と思ってもらうことはできません。観葉植物など色味のある小物が一緒に写っていると、写真全体の雰囲気が華やかになります。

被写体がカメラ目線の写真

被写体が少人数の場合には、カメラ目線の写真も見る側の関心を引くのに効果的です。「カメラ目線=不自然」と思われるかもしれませんが、実際に仕事をしながらの写真であればカメラ目線であっても不自然さを感じることはありません。

求人広告の写真の選び方

求人広告に掲載する写真は、下手な写真よりも上手な写真の方が視覚的に訴える効果は断然高くなります。プロが撮影したフリー素材を使用すれば、一定のクオリティを担保できますが、オリジナルの写真を使う場合は十分に注意しましょう。では、実際に求人広告に写真を掲載する場合、どのような写真を選べば良いのでしょうか。具体的な選び方を見ていきましょう。

働いている様子や職場の雰囲気が分かる写真

人がいきいきと仕事をしているところや、会議をしているところなど、日常のひとコマを切り取った写真を掲載することで、職場の雰囲気をより効果的に求職者へ伝えることができるはずです。「ここで働いてみたい!」と思ってもらうことを意識して、写真を選んでみましょう。

社内イベントの楽しそうな雰囲気が伝わる写真

自分たちで撮影した社員旅行や懇親会といった社内イベントの写真は、職場の明るく楽しい雰囲気を伝えるのに効果的です。

ただし、選ぶ写真によってはマイナスのイメージを与えてしまうこともあるため注意が必要です。例えば、お酒を飲んでハメをはずしすぎている写真などは、他人が見て見苦しさを感じてしまうこともあります。客観的にどのようなイメージが伝わるのかを十分に意識して写真を選びましょう。

採用したい人物のイメージに近い人の写真

求人広告に載せる写真は、その求人のイメージを大きく左右する大切な要素のひとつですから、人物写真を載せる場合には自社の採用ターゲットをしっかりイメージして選びましょう。年齢、性別、雰囲気など「採用したい人物」にできる限り近い人の写真を掲載するのが理想的です。

写真を選ぶときには著作権や肖像権にも注意!

求人広告に掲載する写真を選ぶ際には、写真の雰囲気やイメージだけでなく、著作権や肖像権を意識することも忘れてはいけません。キャラクター商品やドリンクのボトルなどが映り込まないように、被写体の周囲を確認してから撮影をしましょう。また、人物写真を使用する場合には、例え被写体が自社の社員であったとしても、本人に許可を得る必要があります。

求人広告を掲載する際には、上記でご紹介した内容を参考にして写真の重要性を正しく理解した上で、応募につながる効果的な写真を選びましょう。

FREE JOBをご利用いただくと、AIがお客様に合った写真を自動で選定し、求人ページを作成します。またお申込み・サービス開始後、採用コンシェルジュによる求人募集のアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせ・お申込みはこちらのメールフォームからご連絡いただけます。

POPULAR POSTS

人気の記事

CATEGORY

カテゴリ一覧

TAGS

タグ一覧

CONTACT

FREEJOBサポートセンター

連携求人メディア媒体、FREE JOBのサービスについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お申し込みをご希望のお客様もこちらから承ることが可能です。

対応時間:平日10~18時/土日祝日・年末年始休み