人材採用ナビ

人材採用から人材管理・育成まで人材に関するコラムを掲載しています。

  1. HOME
  2. 人材採用ナビ
  3. HRツール・サービス
  4. 360度評価システム8選!特徴や費用体系を紹介します

360度評価システム8選!特徴や費用体系を紹介します

360度評価システムは、人事評価制度のひとつである360度評価の問題点を解決してくれるツールです。360度評価システムの概要とおすすめ8製品の特徴を紹介するので参考にしてください。

360度評価システムとは

360度評価システムは、360度評価にかかる負担を軽減してくれるシステムです。360度評価は、評価対象者と関係が深い上司・同僚・部下などが、多面的に人事評価を行う制度を指します。さまざまな企業に導入されており、管理職層や勤務態度の評価に適していると考えられています。

360度評価の魅力は、公平で客観的な人事評価を行える点です。評価対象者が、上司だけでなく同僚や部下などの目を意識するようになる点も見逃せません。

非常に魅力的な人事評価制度ですが、360度評価は大きな負担がかかることで知られています。1人の社員が複数の評価対象者を評価しなければならないからです。優れた人事評価制度と認めながら、負担の大きさから運用を断念する企業もあります。以上の問題点を解決するため利用されているのが360度評価システムです。360度評価システムは、評価項目の設定・評価の管理・結果の集計などをサポートすることで360度評価にかかる工数・負担を大幅に削減してくれます。非常に魅力的なシステムといえるでしょう。

おすすめの360度評価システム8選

現在では、さまざまな360度評価システムが登場しています。おすすめ8製品をピックアップして比較すると次のようになります。

製品名費用トライアル・デモ評価項目の設定集計・フィードバックスマホ対応
スマレビfor360年間20万円~
360(サンロクマル)初期設定費用11万円要問合せ
MOA1万円/人要問合せ
従業員エクスペリエンス(EX)要問合せ要問合せ
HRベース初期費用2万円要問合せ要問合せ
カオナビ要問合せ
あしたのクラウドHR要問合せ要問合せ
タレントパレット要問合せ

各製品の特徴を詳しく紹介します。

スマレビfor360

スマレビfor360は、人材組織開発支援やクラウド型サーベイシステムの開発・販売などを手掛ける株式会社シーベースが販売している360度評価システムです。最も大きな特徴はセミオーダー型システムと専任サポートで、調査からフィードバック、改善までを的確に支援してくれることといえるでしょう。設問や結果レポートを組織に合わせて設計できるうえ、マイページ機能と管理者機能で回答者・担当者に負担をかけず運用できるため、効率よく360度評価を実施できます。専任スタッフが、準備から結果レポートの作成までサポートしてくれる点も見逃せません。

導入企業は500社以上、年間利用人数は80万人以上となっています。料金プランは、基本年間料金200,000円のライトプランと基本年間料金320,000円のスタンダードプラン、基本年間利用料金1,700,000円のプレミアムプランの3種類です。以上に加え、1名当たりの利用料もかかります。スタンダードプランは360度フィードバック実施に加え分析サポート、プレミアムプランは360度フィードバック実施と分析サポートに加え専用サーバーを利用できます。

360(さんろくまる)

360(さんろくまる)は、Webシステム・スマートフォンアプリ開発、AI・機械学習などを手掛ける株式会社フュージックが販売している360度評価システムです。導入により、時間・手間・コストを大幅に削減できる可能性があります。申込から最短2日で評価を開始できるほど準備が簡単で、評価対象者を比較しながら入力できるため手間もかからず、利用した分しかコストがかかりません。もちろん、評価項目のカスタマイズ、スマホ・タブレットによる入力にも対応しています。

料金は、初期設定費用110,000円とユーザーID数に応じた利用料金がかかります。具体的な利用料金は次の通りです。

【360(サンロクマル)の利用料金】

ユーザーID数利用料金
~3044,000円
31~5055,000円
51~10066,000円
101~20088,000円
201~300132,000円
301~600198,000円
601~33,000円/100ユーザーID

課金されるのは、評価を実施した月だけです。

MOA

MOAは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズが販売する360度評価システムです。最も大きな特徴は、中堅社員層(S)、管理職層(M)、経営職層(L)に分けてMOAを用意していることといえるでしょう。「課題形成力」「課題遂行力」「人材活用力」「対人対応力」で構成される16要素・48項目で、各階層に期待される能力発揮を評価できます。階層ごとに項目を設定しているため、追加で項目を設定しなくても質の高い結果を得られる点が魅力です。オプションでMOA実施後に人材開発トレーナーからフィードバックガイダンスを受けることもできます。

2020年度におけるMOAの導入実績は、261社(被観察者53,000名)です。実施料金は、被観察者1人につき10,000円となっています。回答方式はWebページまたは解答用紙から選べます。

従業員エクスペリエンス(EX)

従業員エクスペリエンス(EX)は、従業員の幸福度やエンゲージメントを高めるプラットフォームです。アメリカに本社を構えるクアルトリクス合同会社が販売しています。搭載している機能のひとつが、「360度評価|多面評価システム」です。360度評価|多面評価システムの特徴は、専門家が開発したテンプレート(設問を追加・削除することも可能)を備えているため素早く設問を展開できることと回答者にタスクのリストを表示することで迅速に回答を回収できることです。強みと改善点を記載したレポートを作成してくれる点も見逃せません。従業員エクスペリエンス(EX)は、世界13,000ブランド以上で利用されています。

HRベース

HRベースは、組織変革コンサルタントや従業員満足度調査などを手掛ける株式会社マネジメントベースが販売している360度評価システムです。コストを抑えつつ本格的な調査ツールを利用できます。具体的には、PM理論をベースに変革型リーダーシップ・マネジメント力を評価できます。さらに、改善点を見出すベンチマーク比較・経年比較・ドリルダウン分析なども行えます。手厚いサポートを受けられる点も魅力です。例えば、準備から回収までを支援してくれるとともに、システム操作などの運用も行ってくれます。

HRベースの利用料金は、初期導入費用20,000円、設定費用10,000円、アセスメント費用3,500~5,000円/名です。コストを抑えつつ360度評価システムを導入したい企業におすすめです。

カオナビ

カオナビは、スタッフの顔写真を登録できる人事評価ツールです。360度評価のほか1on1、コンピテンシー評価など様々な評価制度に対応しています。14種類のテンプレートを参考に、現在の評価制度をそのまま再現できる柔軟性の高さが魅力です。また、スマホからの入力が可能で、評価の状況を一目で把握して催促メールを送信できるため、360度評価の手間を大幅に削減できます。2,000社の運用実績で培ったサポート力の高さも見逃せません。初期設定から運用まで、各段階に応じたサポートを提供してくれます。

あしたのクラウドHR

あしたのクラウドHRは、人事評価制度の構築・運用などをサポートしている株式会社あしたのチームが販売している人事評価システムです。現在の評価制度をそのまま再現できる柔軟性の高さとあらゆる評価業務を自動化してくれる点が魅力といえるでしょう。もちろん、360度評価にも対応しています。また、ビッグデータを活用したAIによる目標添削機能・評価モニタリング機能を搭載している点も見逃せません。2カ月間に及ぶ厳しい認定試験をクリアした評価マイスターがサポートしてくれるため、360度評価システムを初めて導入する企業でも安心です。

タレントパレット

タレントパレットは、マーケティングソリューション事業やCRMソリューション事業などを手掛ける株式会社プラスアルファ・コンサルティングが販売しているタレントマネジメントシステムです。自社の評価制度に合わせて、360度評価、MBO、コンピテンシー評価など、さまざまな人事評価シートを作成・運用できます。評価者の自動選定、評点の自動計算などにより、評価フローを大幅に効率化できる点も魅力です。また、評価と人事データを掛け合わせて、組織分析を行うこともできます。充実の機能を備えたタレントマネジメントシステムといえるでしょう。

360度評価システムで担当者の負担を削減

評価対象者を上司・同僚・部下などが多面的に評価する人事評価制度を360度評価といいます。公平で客観的な評価を行える点は魅力ですが、1人の社員が複数の評価対象者を評価するため非常に手間がかかります。手間を削減する方法として活用されているのが360度評価システムです。現在では、特徴の異なるさまざまな360度評価システムが登場しています。360度評価の負担を減らしたい方は、自社に適した360度評価システムを導入するとよいでしょう。