人材採用ナビ

人材採用から人材管理・育成まで人材に関するコラムを掲載しています。

  1. HOME
  2. 人材採用ナビ
  3. 人材採用
  4. エンジニア採用が難しい理由と成功させるためのポイント

エンジニア採用が難しい理由と成功させるためのポイント

エンジニア採用は、近年の人手不足と競争激化でかなり難しい状況にあります。この記事では、厳しい環境下で優秀なエンジニアの採用を成功させるポイントなどについて、詳しく解説します。

エンジニア採用が難しい理由

エンジニア採用が難しい理由は、もちろん企業によって異なりますが、代表的な理由としては、以下のようなものが考えられます。

  • 求人倍率が高く競争が激しい
  • エンジニア人材の流動性が低い
  • エンジニアのスキル見極めが困難
  • 働き方の多様化
  • 求職・求人チャネルの多様化

それぞれの理由について解説します。

求人倍率が高く競争が激しい

1つめの理由として、求人倍率が高く競争が激しいことが挙げられます。

経済産業省に調査を委託されたみずほ情報総研株式会社が2019年に発表した報告書によると、IT需要の拡大が高いレベルで継続した場合、2030年までにエンジニアは約79万人不足すると推測されています。

【参考】みずほ情報総研株式会社「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(IT人材等育成支援のための調査分析事業) - IT人材需給に関する調査 - 調査報告書」

その後、コロナ禍をきっかけとしたDXの普及やIT技術の大幅な進歩がさらに拍車をかけている可能性は高く、エンジニア人材の不足は急激に拡大しているものと思われます。

企業間でエンジニア人材を奪い合う激しい環境になっていることが、採用を難しくしている理由の1つであることは間違いありません。

エンジニア人材の流動性が低い

優秀なエンジニア人材の流動性が低いことも理由の1つです。

慢性的な人材不足から、各企業は雇用条件や職場環境の改善などに取り組むことで、自社エンジニアの囲い込みを行っています。

もちろん待遇面だけでなく、キャリアアップといった側面でも教育環境の充実などの取り組みが活発化しており、エンジニアが転職する機会はどんどん少なくなっています。

エンジニアのスキル見極めが困難

エンジニアのスキルは専門性の高いものが多く、見極めが難しいことも理由として挙げられます。

エンジニアスキルは、特定のプログラミング言語やプロジェクト運営の経験値など、現場経験が無いと良し悪しが判断しにくい側面があります。

特に、人事担当者が面接している企業ではコミュニケーションスキルや性格面を重視してしまい、現場とミスマッチを起こしてしまうことも少なくありません。

働き方の多様化

働き方改革の推進、テレワークの導入など働き方が多様化していることも原因の1つに挙げられます。

正社員で働くことが当たり前だった時代であれば、キャリアアップや収入アップには転職しか選択肢がありませんでした。

しかし、現在では副業を許可する企業も増え、フリーランスとして活動するための土壌も整えられるなど、優秀なエンジニアが自分の考えるキャリアを実現する手段が多くなっています。

結果として、転職するエンジニアが減ってきているため、採用活動は厳しくなってきています。

求職・求人チャネルの多様化

求職・求人チャネルが多様化していることも、採用活動を難しくしています。

現在の採用市場では「ダイレクトリクルーティング」や「リファラル採用」など様々な採用方法が乱立しています。

また、求職者もWebやSNSなどさまざまな手段を通じて情報収集し、自分にあった手法で活動しています。

そのため、採用する側の企業も、様々な方法やメディアを活用した採用活動を展開していく必要が出てきています。

しかし、各方法・メディアで適切な採用活動ができず、いくら募集しても応募者が集まらないというケースも少なくないのです。

エンジニア採用を成功させるためのポイント

このような厳しい状況下においても、企業にとって優秀なエンジニアの確保は必須です。

ここでは、エンジニア採用を成功させるためのポイントについて詳しく解説します。

自社エンジニアに採用をサポートしてもらう

採用活動においては、自社エンジニアに採用をサポートしてもらうと良いでしょう。

採用活動がうまく進まない原因に、現場との採用人材のギャップやエンジニアスキルの専門性の高さなどが挙げられます。

人事担当者がこれら全てを理解して対応することは現実的ではありませんので、自社エンジニアにも協力してもらうようにしてください。

募集要項に記載する採用ターゲットの明確化、面接への同席など、キーポイントとなる部分を協力して進められれば、より有効性の高い採用活動が可能になるでしょう。

開発環境を公開する

エンジニア求職者は、転職活動において自身のスキルが活かせる環境であるかを特に気にしています。

そのため、自社の開発環境をできるだけ具体的に記載し、入社後の業務内容や今後のキャリアがイメージできるようにしておきましょう。

開発環境については、自社エンジニアに協力してもらい、使用するプログラミング言語やOS、DB、活用するツールなどを記載しておくと良いでしょう。

また、客先常駐型なのか受託開発なのかなど、業務環境などについても詳しく記載しておけば、求職者にとってよりイメージが湧きやすくなります。

使用言語など必須スキルを具体的に提示する

募集要項では、必要なスキルを出来るだけ具体的に提示するようにしましょう。

エンジニアといっても、その種別はインフラ、データサイエンス、組み込みなど多種多様です。

業務内容においても、求められる言語スキルや能力が異なります。

使用プログラミング言語はもちろんのこと、業務内容によってはコミュニケーション能力やマネジメント能力など、求めるスキルや能力については、出来るだけ具体的に記載することが重要です。

特に技術関連のスキルの記載が曖昧だと、技術者が重要視されていない印象を持たれる可能性もあるため、具体的かつ正確に記載しておくことが重要です。

また、採用時にどのスキルを重要視するのかなど、選考基準を予め現場と決めておくと良いでしょう。

過去のプロジェクト例を提示する

実際に過去に実行したプロジェクト例を提示するのも有効です。

自社がどのような仕事に取り組み、エンジニアがどのような役割を果たしているのかを具体的な事例で示すことで、求職者は入社後の仕事内容や必要スキルを具体的にイメージできるようになります。

プロジェクト例については、案件の概要や言語、ツール、開発期間や担当フェーズなど、出来るだけ詳しく記載することがポイントです。

特に、客先常駐型のプロジェクトが多い場合は、通勤時間などもわかるよう最寄り駅を記載しておくと良いでしょう。

給与や福利厚生を詳細に公開する

給与や福利厚生などの待遇面を詳細に公開することも重要です。

人材不足のエンジニア採用市場において、給与や福利厚生などの待遇面での差別化はもはや必須事項です。

単に年収や月収を掲載するのではなく、各種手当やキャリア別の平均年収など報酬体型がわかるよう、出来るだけ具体的に記載することが重要です。

また、エンジニアは激務であることも多く、体調面で不安を覚えている人も少なくありません。それゆえ健康に関する福利厚生に強い関心を持っています。

産業医による健康管理やストレスチェック、フィットネスジムの優待などがあれば、エンジニアにとっては魅力的ですのでアピールすると良いでしょう。

求人チャネルを増やす

前述した通り、優秀なエンジニアは企業から囲い込まれており、そもそも転職市場に出てくることが少ないです。

このような状況下で優秀なエンジニアの採用を実現させるためには、まずはエンジニア求職者との接点をつくることが重要です。

求人広告の掲載や人材紹介会社の活用はもちろん、SNSやブログなどのオウンドメディアでの情報発信、リファラル採用などの採用チャネルの多角化など、あらゆる手段で自社の知名度を上げ、求職者との接触機会を増やしましょう。

内定後のフォローに手を抜かない

内定を出したからといって安心してはいけません。エンジニア採用は競争が激しいため、他にも数社から内定をもらっている可能性が高いからです。

最終的に入社するかどうかは、内定通知後の企業の対応によって決まるといっても良いでしょう。

内定者も、選考時点とは異なり入社後の働き方などをイメージし、新たな疑問や不安を抱いていることが多いです。

内定者とのコミュニケーションを欠かさず、不安や疑問を丁寧に解消していきましょう。その際に、入社に向けた動機づけをしていくと良いでしょう。

採用活動と職場環境を改善し優秀なエンジニア採用を実現しよう

エンジニア採用が難しい状況は、当面の間、継続すると予測されています。

優秀な人材が採用できなければ、将来的に競争に負け自社の経営に大きな影響を与える可能性も否定できません。

このような環境下で優秀なエンジニア人材の採用を実現するには、職場環境の改善と採用活動の高度化は避けては通れません。

まずはこの記事でご紹介したポイントを押さえ、採用活動に活用してみてはいかがでしょうか。