人材採用ナビ

人材採用から人材管理・育成まで人材に関するコラムを掲載しています。

  1. HOME
  2. 人材採用ナビ
  3. 人事労務・人事戦略
  4. プロパー社員とは?意味や中途社員・出向社員との違いを解説

プロパー社員とは?意味や中途社員・出向社員との違いを解説

プロパー社員は、3つの意味で用いられています。何気なく使うと誤解を招く恐れがあるため注意が必要です。この記事では、プロパー社員の意味とプロパー社員と他の社員の対立を防ぐ方法を紹介しています。

プロパー社員とは

プロパー社員は、英語の「proper」と社員を組み合わせた言葉です。「proper」は「正規の」「正確な」などを意味します。以上から正規の社員などを意味すると考えられますが、ビジネスシーンで用いられる場合はこの意味にとどまりません。具体的には、3つの意味を有します。

1つめは、新卒採用された社員、つまり生え抜き社員を意味します。新卒採用された社員と中途採用された社員を区別したいときに用いられます。

2つめは、正社員を意味します。正社員と派遣社員や契約社員を区別したいときに用いられます。

3つめは、自社社員を意味します。自社社員と関連会社からの出向社員や協力会社の社員を区別したいときに用いられます。

プロパー社員の意味は以上のとおりです。

プロパー社員と呼ぶ際の注意点

プロパー社員の意味は、用いられる場面や用いる意図により異なります。用いる前に意味を明確にしておかないと、誤解を生むことがあるでしょう。トラブルが予想される場合は、事前に意味を明確にしておく必要があります。例えば「ここでは生え抜き社員を意味します」などの注釈を加えておくと誤解を防げます。

また、プロパー社員と聞いた人を不快にしてしまう恐れがある点にも注意が必要です。3つの意味を有しますが、いずれも特定の社員とそうでない社員を区別する意味で用いられます。プロパー社員から外れた側が、疎外感を抱いてしまうかもしれません。プロパー社員とそうでない社員の間に軋轢を生まないように用いましょう。

プロパー社員と他の社員との違い

プロパー社員と他の社員にはどのような違いがあるのでしょうか。各社員との違いを解説します。

中途社員との違い

プロパー社員を生え抜き社員と捉える場合、中途社員との間にいくつかの違いがあります。

最も実感しやすい違いは、給与面の違いといえるでしょう。両者の給与算出方法は基本的に同じですが、勤続年数が長いためプロパー社員のほうが給与は高くなる傾向があります。また、同様の理由で、プロパー社員のほうが役職手当なども支給されやすいでしょう。

受けられる社内研修にも違いがあります。生え抜き社員は、充実した新人研修を受けられる傾向があります。中途社員は即戦力と考えられているため、充実した新人研修は基本的に受けられません。

出向社員との違い

プロパー社員を自社社員と捉える場合、出向社員との間にいくつかの違いがあります。

最も大きな違いは決定権の有無です。プロパー社員は自社で雇用しているため、責任に応じた決定権を与えられる傾向があります。出向社員は出向元と雇用関係を継続しているため、決定権を与えられないことが多くなります。

自社社員とは異なる経験を積んでいる出向社員の意見を参考に、プロパー社員が意思決定するケースが多いといえるでしょう。

契約社員との違い

プロパー社員を正社員と捉える場合、契約社員との間にいくつかの違いがあります。

代表的な違いといえるのが雇用期間です。プロパー社員は雇用期間に定めがない無期雇用契約、契約社員は雇用期間に定めがある有期雇用契約(上限は原則3年)を締結します。プロパー社員は契約更新なしで原則定年まで働けますが、契約社員は雇用契約の更新が必要です。

プロパー社員と他の社員の間に生じる摩擦に注意

以上の違いがあるため、プロパー社員と他の社員の間で摩擦が生じることがあります。生じやすい摩擦とその影響は以下のとおりです。

評価基準が明確化されていないと不満がたまりやすい

評価基準が曖昧だと、他の社員に不満が溜まりやすい傾向があります。プロパー社員が優遇されているように見えるからです。

例えば、勤続年数に応じて基本給を上げていく定期昇給制度を採用していると、中途採用された社員は給与面で不利になってしまいます。この点を理解していないと、上司がプロパー社員を優遇しているなどの誤解を招くことがあります。

また、即戦力として採用されている中途社員は、評価基準が高く設定されがちです。そのため、同じ結果を残していても同じように評価されないケースもあります。

プロパー社員の独自ネットワークに他の社員は混乱

プロパー社員は、非公式な独自の社内ネットワークを構築していることが少なくありません。具体的には、同期・過去の上司・過去の部下などとのネットワークが挙げられます。

独自の社内ネットワークを使って仕事を進められると、他の社員は指示命令系統などがわからないため混乱してしまいます。また、プロパー社員からのけものにされていると感じることもあります。

プロパー社員と他の社員が対立すると業務が滞る

以上の問題などにより、プロパー社員と他の社員が対立してしまうことがあります。プロパー社員は他の社員を「自社のルールに馴染もうとしない」、他の社員はプロパー社員を「独自のルールに固執しているし、優遇もされている」と捉えるようになるからです。

感情的な対立が激しくなると、意思疎通を上手く行えなくなるため業務は滞ります。それだけでなく、優秀な社員が退職してしまうケースもあります。

プロパー社員と他の社員との対立を防ぐ方法

プロパー社員と他の社員の対立は、どのように防げばよいのでしょうか。検討したい対策を紹介します。

1.評価基準をオープンにして給与体系を見直す

評価基準と給与体系がわかりにくいと、プロパー社員と他の社員を対立させてしまう恐れがあります。同じ業務を行い同じ結果を残しているのに、プロパー社員のほうが、あるいは他の社員のほうが、給与が高いと思わせてしまうことがあるからです。

したがって、社員の区別に関わらず評価基準・給与体系を平等にして公開すると、給与に関する対立を防げます。プロパー社員、他の社員とも給与には敏感です。双方が安心して働ける環境を構築しましょう。

2.コミュニケーションの場を設ける

プロパー社員と他の社員がコミュニケーションをはかれる場を意図的に設けることも重要です。このような場を設けないと、他の社員はプロパー社員が構築している独自の社内ネットワークに加われないことが少なくありません。

コミュニケーションをはかれる場として、会社全体で行う親睦会、社員旅行などが考えられます。プロパー社員と他の社員を協力させてイベントなどを開催しても良いでしょう。

3.社員一丸となり課題を解決していく

プロパー社員と他の社員が一丸となり課題を解決する体制を構築することも有効です。一時的に対立するかもしれませんが相互理解を促せます。

異なる環境で働いてきたため、プロパー社員と他の社員は仕事に対する価値観や考え方が異なるケースが多いでしょう。一緒に働く機会がないと、「あの人とは協力できない」と思い込んでしまう恐れがあります。仕事を通して双方が理解を深められる機会を作っていくと対立を防げます。

4.中途社員や出向社員のサポートを忘れない

新たに加わった他の社員を、プロパー社員がサポートする制度を導入することもおすすめです。

例えば、年齢や社歴の近い先輩をサポート役につけるメンター制度などが考えられます。気軽に相談できるプロパー社員がいることで、他の社員は職場に馴染みやすくなります。

また、プロパー社員が独自に構築している社内ネットワークにも加わりやすくなります。他の社員の定着率を高められるかもしれません。

プロパー社員の扱いには注意が必要

プロパー社員の意味は、用いる場面で異なります。いずれにせよ、特定の社員を他の社員と区別するときに用いられるため扱い方には注意が必要です。

プロパー社員と他の社員では、待遇や権限、契約期間などに違いがあることが少なくありません。この点が問題になり、軋轢が生まれることもあります。プロパー社員と他の社員が対立すると、業務を円滑に進められなくなります。対立を防ぐため、評価基準を平等にする、交流の場を設けるなどの対策を講じましょう。