CONTENT

採用お役立ち情報

TOP  /  採用お役立ち情報  /  求人応募者を惹きつけるキャッチコピーの作り方

求人応募者を惹きつけるキャッチコピーの作り方

求人応募者を惹きつけるキャッチコピーの作り方

求人サイトなどに掲載する求人広告にはほとんどの場合、「キャッチコピー」が存在します。キャッチコピーにはどのような役割があり、良いキャッチコピーを作るとどのような効果が期待できるのでしょうか。そしてどうすれば良いキャッチコピーが作れるのでしょう。求める人材に確実に届くようなキャッチコピーの作り方について解説します。

求人広告におけるキャッチコピーの役割

キャッチコピーは広告を見る人の注意を引くための謳い文句です。通常、広告文の中では最も目立つように大きな文字が使われ、わかりやすい位置にレイアウトされます。

求人広告におけるキャッチコピーも、まずは「求職者の注目を得る」という役割を担います。そして同時に、企業が求人広告を通じて伝えたいメッセージを表現することも求められます。たとえば表現内容を変えることで、以下のような内容を盛り込むことが可能です。

  • どのような人物を募集しているかを示す
  • 入社すると何ができるかを提示する
  • 待遇面など自社の魅力を訴える
  • 企業文化や社風、社内の雰囲気を伝える

求職者の興味を惹きつけながら、企業として訴求したいことを示すのが求人広告におけるキャッチコピーの役割です。その両者が噛み合っていれば、「求める人材」に「応募してもらう」ことができます。

良いキャッチコピーで得られる効果

良いキャッチコピーとは、企業が求める人材に的確に届く言葉で作られたキャッチコピーです。そのようなキャッチコピーが作れれば、応募して欲しい人に求人広告を読んでもらうことができます。

求人サイトは常に数多くの求人広告で溢れています。求職者はその中から「これは」という求人情報がないかと探しています。職種や業種、勤務地で閲覧する求人広告を絞り込んだ上で、その中から自分に合うと感じるもの、良い印象を受けるもの、何かしら心に響くものを探し出そうとします。そこでキャッチコピーによって何らかの引っ掛かりを与えられれば、その時点で他社の求人広告との差別化ができたことになります。

キャッチコピーに惹きつけられ、多くの求職者、しかも求める人材が求人広告を詳しく読んでくれたなら、応募に至る確率が高くなります。

その結果、企業側はより良い人材をその中から選ぶことができます。良いキャッチコピーは、求める人材の興味を惹きつけるためのファーストアプローチだといえます。

キャッチコピーを作成するときの注意点

注目を集めたい、同時に訴えたいことも盛り込みたいと考えると、欲張ってしまったり、どこか過剰になったりしてわかりづらいキャッチコピーになることがあります。キャッチコピーを作成するときは、たとえば次のようなキャッチコピーにならないように注意しましょう。

情報を詰め込みすぎない

情報過多になったキャッチコピーは相手にすんなりと伝わりません。求人サイトはただでさえ情報量が多い場所です。その中でキャッチコピーにもこれでもかというくらいに情報が詰め込まれていると、読解力が追いつかずにスルーされてしまいます。

営業(宣伝)色を出しすぎない

求職者に自社の製品やサービスの素晴らしさを知ってもらいたくても、企業視点のメッセージでそれを前面に出しすぎると共感を得にくくなります。営業(宣伝)色が出すぎていると拒否感を持たれてしまうのは通常の広告も同じです。

堅苦しい表現だけではなく、少し柔らかい言葉遣いになっていたり、求職者の目線から書かれていたりすれば、好感や親しみといったプラスの感情を抱いてもらえるでしょう。

捻りすぎない

インパクトのある面白いキャッチコピーを作ろうとするあまり、つい捻りすぎてしまうことにも注意しましょう。捻りすぎると焦点がぼやけてしまいます。表現にこだわりすぎるのも危険です。キャッチコピーや求人広告は「作品」ではありません。求める人材に興味を持ってもらう、「応募したい」と思ってもらう、という本来の目的からはずれないような文章にしましょう。

求人キャッチコピーの作り方

求人広告のキャッチコピーを作るときは、求職者が応募したくなるコピーになっていることがまず重要です。そしてその応募者が企業の求める人材であるのが理想です。そのことによって求人におけるマッチングが成立することになるからです。以上を踏まえて、キャッチコピーを作るときに押さえておきたいポイントを3つ挙げてみます。

ターゲット像を明確にする

どのようなターゲット像=求める人物像に向けた求人広告なのかを明確化します。これは最初にやるべき作業です。ターゲットが明確化されていれば、どのようなキャッチコピーがそのターゲットに刺さるのかも考えやすくなります。ターゲットの興味を惹きつけるような、共感を持ってもらえるようなキャッチコピーが作れれば、求める人材が応募してくれるはずです。

短い文章で簡潔に説明する

文章は「できるだけ短く簡潔に」を心がけましょう。そのほうがわかりやすいキャッチコピーになるからです。訴えたいことがたくさんあったとしても、キャッチコピーでは1つだけ、多くても2つくらいの情報を伝えるようにしましょう。求職者に注目されやすい情報を優先し、その他のことは詳細を見ればわかるようにしておきます。

数字を入れるなどして具体的に説明する

抽象的な言葉や、よくある決まり文句を連ねたキャッチコピーは心に響きません。数字を入れる、誰かの生の声を入れる、仕事の現場感が伝わるような表現にするなど、具体的な言葉を使うように意識してみましょう。具体的に、上手く表現できればインパクトのあるキャッチコピーになるはずです。

あなたの会社が求める人材に適切にアプローチできるキャッチコピーが作れれば、求人広告は効果の高いものになります。応募して欲しい人の気持ちを捉えられるような、魅力的なキャッチコピーを考えましょう。

FREEJOBではお申込み・サービス開始後、採用コンシェルジュによる求人募集のアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせ・お申込みはこちらのメールフォームからご連絡いただけます。

POPULAR POSTS

人気の記事

CATEGORY

カテゴリ一覧

TAGS

タグ一覧

CONTACT

FREEJOBサポートセンター

連携求人メディア媒体、FREE JOBのサービスについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お申し込みをご希望のお客様もこちらから承ることが可能です。

対応時間:平日10~18時/土日祝日・年末年始休み