CONTENT

人材採用ナビ

TOP  /  人材採用ナビ  /  求人・採用サイトを作成するメリット・デメリットとは?制作費用の相場も解説!

求人・採用サイトを作成するメリット・デメリットとは?制作費用の相場も解説!

採用競争の激化を受けて、求人サイトの重要性が高まっています。求人サイトを作成する前に知っておきたいメリット・デメリット、制作費用の目安などを解説します。興味のある方は、参考にしてください。

求人・採用サイトを作成する理由とは

求人サイトを作成する主な理由として、以下の2点が挙げられます。

求人・採用活動を本格的に実施したい

採用活動の質を高めるため、求人サイトは必要と考えられます。求職者の多くがインターネットを活用して求人情報を収集しているからです。コーポレートサイトに社員インタビューや仕事内容、求める人物像などを掲載することもできますが、採用情報以外も掲載されているためWebアクセシビリティは悪くなります。求職者が求める情報を効率よく伝えるため、求人サイトが必要なのです。

学生に自社の魅力をPRしたい

新卒採用にも求人サイトは欠かせません。就職活動に慣れていない学生の場合、情報不足がエントリーの見送りに直結するケースがあるからです。採用活動を行う企業は、学生が求める情報をわかりやすく提示する必要があります。また、学生に親しみを持ってもらえるように、掲載内容を最適化する必要もあります。そのため、ゼロから設計できる求人サイトが必要なのです。

求人・採用サイトを作成するメリット

求人サイトを作成するメリットとして以下の点が挙げられます。

応募者数の増加

最も大きなメリットは、応募者数の増加が期待できることです。自社に興味をもっていた求職者や求人広告を見て自社に興味をもった求職者に、求人サイトで詳しい情報を伝えられるため応募者の増加につながる可能性があります。応募者数が増加することで、優秀な人材を確保しやすくなります。

ミスマッチの抑制

求人サイトはミスマッチの抑制にも役立ちます。仕事内容、研修内容、キャリアパス、社員インタビューなど、求人票では伝えきれない情報を掲載できるため、応募前に会社のことを深く理解してもらえるからです。ミスマッチが抑制されることで、早期離職も予防できます。

採用コストの削減

見逃されがちですが、求人サイトの作成によって採用コストの削減も期待できます。自社とのミスマッチが抑制されて定着率が高まれば、採用活動を行う回数が減るからです。また、求人サイトを求人メディアやSNSと連動させることで、より効率的に応募者を集められる可能性があります。求人サイトを上手に活用することで、採用コストを大幅に削減できるかもしれません。

データやノウハウの蓄積

自社で求人サイトを運営すれば、求職者の様々なデータを収集できます。具体的には、「どのような人が自社に興味をもっているか」「求職者はどのような情報を求めているか」「どのような経路をたどって応募に至ったか」「どのような理由で離脱したか」などのデータを得られます。これらをもとに求人サイトを改善していくことで、求人サイト、さらには採用活動の質を高められます。求人サイトを自社で運営する意味は大きいといえるでしょう。

掲載コンテンツに自由が効く

求人サイトに掲載するコンテンツを、自社で決定できる点も魅力です。例えば、会社紹介、募集要項、選考ステップのほか、仕事内容、研修内容、社員インタビュー、産休・育休取得率、有給取得率などを掲載することができます。また、画像や動画を使って、仕事内容などをわかりやすく説明することも可能です。自社の強みをアピールしやすいため、応募者を効率よく集められるでしょう。求人サイトを活用すれば、採用活動を自由にデザインできます。

求人・採用サイトを作成するデメリット

求人サイトにはデメリットもあります。作成を検討している方は、以下の点に注意が必要です。

サイト制作費がかかる

求人サイトの作成を外注業者に依頼すると、サイト制作費がかかります。費用の目安は後述しますが、大規模な求人サイトになると100万円以上かかるケースもあります。まとまったサイト制作費がかかる点は、求人サイトのデメリットです。ただし求人サイトには、採用コストを削減する働きを期待できます。したがってサイト制作費は、現在の採用コストや求人サイトに期待できる働きを踏まえたうえで評価するべきといえるでしょう。

掲載コンテンツを用意する手間がかかる

求人サイトを作成すると、コンテンツを制作する手間もかかります。コンテンツ制作も外注業者に依頼できますが、丸投げはおすすめできません。求人サイトには、自社でなければ発信できないコンテンツが多数あるからです。例えば、代表者から応募者へのメッセージ、社員インタビューなどは、自社が協力しなければ魅力的なコンテンツになりません。求人サイトの作成には、自社も積極的にかかわるべきといえるでしょう。コンテンツ制作を主体的に行う場合、あるいは継続的に行う場合は、人員確保が必要になります。求人サイトを制作する前に、体制を整えておくことをおすすめします。

求人・採用サイトを制作する方法

求人サイトは以下の方法などで製作できます。

【求人サイトの制作方法】
●ツールを使って自社で製作
●Webサイト制作会社に依頼

それぞれの制作方法について解説します。

求人・採用サイト制作ツールを使用する

求人サイト制作ツールを利用すれば、Web制作の知識がなくても自社で求人サイトを作成できます。テンプレートが用意されているため、画像を投稿する、キャッチコピーを入力するなどの簡単な操作で求人サイトを作成できるからです。求人サイト制作ツールの代表的な機能は以下の通りです。

【代表的な機能】
●メインパネルを作成する
●求人サイトにコンテンツを追加する
●求人サイトに動画コンテンツを追加する
●大手求人サイトに求人を掲載する
●管理画面で応募者を管理する

以上のほか、スカウトメールの送信、オンライン面接、オンライン適性検査などの機能を備えているものもあります。利用料金はサービスで異なりますが、大手転職サイトが提供しているツールは無料のものが少なくありません。

Webサイト制作会社に依頼する

本格的な求人サイトを作成したい場合は、Webサイト制作会社に依頼するとよいでしょう。基本的には自由にWebサイトを設計できるため、ターゲットや自社の強みなどに最適化した求人サイトを作成できます。ただし、どこに依頼しても品質は同じというわけではありません。Webサイト制作会社により、得意分野や技術力は異なるからです。求人サイトの作成には、一般的なWebサイトとは異なるノウハウが必要になります。したがって、求人サイトの制作実績があるWebサイト制作会社がおすすめです。採用活動に必要な機能を備えた求人サイトの制作実績があれば理想的といえるでしょう。

求人・採用サイトの制作費用相場

求人サイトの作成費用はケースで異なります。求人サイトにより、コンテンツの内容や搭載している機能などが異なるからです。ケース別に制作費用の目安を示すと以下のようになります。

概要 画像・テキストなど 制作費用
求人サイト制作ツールで製作 自社で用意 ~10万円
オリジナルのデザインで必要最低限のコンテンツを揃えた求人サイト ケースバイケース 20~40万円
オリジナルのデザインで過不足のないコンテンツを揃えた求人サイト 制作会社が用意 40~130万円
求人戦略の立案+オリジナルのデザインで充実したコンテンツを揃えた求人サイト 制作会社が用意 130万円~

基本的には、コンテンツを増やすと制作費用は高くなります。本格的な求人サイトを作りたい場合は、40万円~の制作費用がかかるといえるでしょう。具体的な金額は、見積もりで確認できます。

FREE JOBで求人サイトを有効活用

求職者の情報収集手段の変化、採用競争の激化により、求人サイトの重要性が高まっています。ある程度の費用はかかりますが、応募者数を増やせる可能性や採用コストを抑えられる可能性があるため、求人サイトは積極的に検討したい施策といえます。ただし、作成するだけでは有効活用できません。求職者を集めるため、求人メディアなどと連携させることが重要です。採用支援サービスのFREE JOBに求人情報を掲載すると、複数の求人メディアに自動で掲載されます。したがって、求人サイトとの連携などが容易になります。求人サイトの作成を検討している方は、FREE JOBも活用してみてはいかがでしょうか。

💻【0円で利用!】FREE JOB無料プラン登録はこちらから

POPULAR POSTS

人気の記事

CATEGORY

カテゴリ一覧

TAGS

タグ一覧

CONTACT

お申し込みはこちらから