人材採用ナビ

人材採用から人材管理・育成まで人材に関するコラムを掲載しています。

  1. HOME
  2. 人材採用ナビ
  3. 人事労務・人事戦略
  4. 魅力的な採用ブログの書き方を解説!ネタ候補や意識すべきポイントも

魅力的な採用ブログの書き方を解説!ネタ候補や意識すべきポイントも

求職者の方がよくチェックしているのが採用ブログです。内容に悩んでいる方のため、どのようなネタを書くべきか、何を意識するべきかポイントについてご紹介します。

採用ブログとは

そもそも採用ブログとは何かというと、リアルタイムで自社の採用情報について伝えられるメディアのことをいいます。手間のかかるサイト更新とは異なり、文章や画像などを手軽に日記形式で投稿できます。

多くの企業では、求職者にとって必要となる情報は採用サイトの方に掲載しているでしょう。ですが、採用サイトではわかりやすいように内容をシンプルにまとめることが多いです。そのため、自社の魅力を十分に伝えきれないケースがあります。

そこで役立つのが採用ブログです。

採用ブログの重要性

採用ブログでは多くの情報を手軽に発信できるため、求職者に自社をより深く理解してもらえます。魅力的な情報を発信できればファンの獲得にもつながるでしょう。

記事を拡散してもらえれば認知度の向上にもつながりますし、求職者の応募動機の形成やミスマッチの低下にも役立つツールです。

採用ブログは非常に重要性が高いといえるでしょう。少しでも自社に興味を持ってくれる人を増やしたいと考えているのであれば、積極的に活用することをおすすめします。

採用ブログのネタ候補

採用ブログを始めようと考えている、または始めたものの何を書けば良いのかわからず悩んでしまうことがあります。

採用ブログに掲載すべき内容は、求職者にとって自社を魅力的に感じてもらえるようなものでなければなりません。以下のようなネタを参考にしてみてください。

業務内容

多くの求職者が強い興味を持っているのが、業務に関する内容です。採用サイトに書かれている文章からではわからないような詳細な業務内容について伝えましょう。

業務に関する詳しい内容だけでなく、実際に働いた場合の一日の業務の流れを掲載するのもおすすめです。自分が働いたらどうなるかイメージしやすくなります。

福利厚生を利用している様子

福利厚生も注目されやすいポイントです。実際に福利厚生を利用している社員にインタビューしたり、利用している様子を写真で掲載したりするのも良いでしょう。

社内の雰囲気

社内の雰囲気として、働いている社員の姿やオフィス環境を写真で掲載しましょう。文章よりもわかりやすく伝えられます。動画を利用するのもおすすめです。

業務時間外の社員活動

休憩時間や退勤後に社員がどのように過ごしているのか掲載するのもおすすめです。

休憩中にリラックスできるスペースはあるのか、退勤後は持ち帰りの仕事があるのかなどを気にしている求職者もいます。ワークライフバランスを重視して職場選びをしている求職者からも注目されやすいポイントだといえるでしょう。

社長インタビュー

企業ホームページのコンテンツとして社長インタビューを掲載しているサイトが多いですが、採用ブログでもぜひ取り入れたいコンテンツです。経営トップの考えを聞くことにより、自分に合っている会社かどうか判断しやすくなります。

なかなか普段の業務において社長の話を聞くのが難しい企業もありますが、そういった場合も採用ブログを役立てましょう。

社員インタビュー

実際に働いている社員へのインタビューはとても参考になります。いろいろな立場の社員に対し、入社を決めたきっかけや職場の雰囲気、業務などについてインタビューしましょう。

できれば写真付きで掲載するとよりその社員をイメージしやすくなります。求職者にとっては一緒に働くことになるかもしれない先輩であるため、積極的に情報を公開していくと良いでしょう。

よくある質問への回答

求職者から寄せられることが多い質問に対し、わかりやすく回答をまとめる記事を作るのもおすすめです。よくある質問に回答するコンテンツを公開すれば、個別に答える手間をなくすことにもつながります。

随時更新し、採用ページから「よくある質問への回答はこちら」といった形でリンクを貼るのも良いでしょう。気になることがあってもなかなか直接質問の電話やメールができない求職者もいるので、そういった方からも参考にしてもらえます。

採用イベント情報

採用イベントの情報も公開しましょう。これから行うイベントの告知のほか、実際に行われたイベントのレポートを写真付きで掲載するのがおすすめです。イベントの雰囲気がわかれば、参加を迷っていた求職者も次回のイベント参加を検討しやすくなるはずです。

魅力的な採用ブログ作成のために意識すべきポイント

採用ブログは、立ち上げてただ記事を投稿したからといって魅力的に見えてくるものではありません。次のポイントをおさえておきましょう。

ターゲットを明確にする

先に行っておきたいのが、どういった人に対して記事を発信するのかの明確化です。

ターゲットを明確にしておくことにより、どのような情報が求められているのか、何を発信すれば良いのかが見えてきます。同時に、掲載する必要がないコンテンツなどもわかりやすくなるでしょう。

投稿担当は複数人で回す

採用ブログの記事投稿を複数人で担当することにより、いろいろな人の視点で企業をアピールできます。1人が担当する形になると、どうしても偏った形での情報公開になってしまうことがあるので、注意しましょう。

例えば、インタビュー記事では人事担当がインタビューするのも良いのですが、直接本人に文章を書いてもらうのもおすすめです。

更新頻度は一定にする

採用ブログは記事の投稿が簡単なこともあり、できれば定期的に更新しましょう。

更新までに長く期間が空いてしまうと、せっかく興味を持ってくれたファンが離れてしまう可能性があるので注意しなければなりません。実際に採用ブログを立ち上げる前に、どれくらいの頻度で更新するのか、できるのかを考えておく必要があります。

ただ、あまりにも頻度にこだわり過ぎると一つひとつの記事の質が下がってしまうこともあるでしょう。記事の質を下げることなく投稿できるのはどれくらいかについても考えておいたほうが良いです。

写真や動画を載せる

実際に働いている社員の様子を知るために採用ブログを覗きにきている求職者もいるので、写真や動画は積極的に掲載しましょう。写真や動画を見ることで、自分が働いた場合の詳細なイメージが湧きやすくなります。

データをもとに運用・改善を続ける

実際に採用ブログ運営を始めたら、良いところは伸ばして悪いところは改善する努力も必要です。

例えば、どのような記事の反応が良かったのか、多くの方からアクセスがあったのかデータをもとに分析します。データ分析を行うことにより、求められる記事の特徴が見えてくるはずです。

また、求職者の方が自社の情報を探す際に入力している検索ワードなどもチェックすると、次回記事のタイトルや内容を考える際などに役立ちます。

どのような記事が求められているのか、評価されるのかは企業によっても変わる部分が大きいです。そのため、実際に採用ブログを運用しながらPDCAを回して改善できるポイントを探していきましょう。

採用ブログが応募のきっかけになる可能性もある

求職者は気になる企業の情報を収集しながら応募を検討しています。採用ブログでは採用サイトでは伝えきれない自社の魅力をアピールできるので、効果的な情報発信をしたいと考えた際にぴったりです。

実際に働いている社員へのインタビューや職場の写真などがあれば、自分が働いたときのことをよりイメージしやすくなります。採用ブログをきっかけに応募してくれることも期待できるので、魅力的な記事をたくさん投稿し、応募につなげましょう。